カタログトップ > 技術資料 > プラスチック製品の洗浄方法


 

1
2
次へ>
全て表示


プラスチック製品の洗浄方法

プラスチック製品の洗浄方法

■一般的な洗浄方法
プラスチック製品の洗浄には非アルカリ洗剤をお薦めします。特にポリカ-ボネート(PC)製品はアルカリによるダメ-ジを受けやすいため、中性洗剤を使用して下さい。なお、NALGENE®のプラスチック用液体洗剤L900は中性で、プラスチック製品用洗剤としてご使用頂けます。
【使用例】通常の汚れには5%水溶液で、汚れのひどい場合は濃度を20%にして下さい。L900は自動洗浄器に入れ、軽~中程度に汚れている製品を洗浄することもできます。器具を洗剤溶液に約3時間浸し、布やスポンジで軽く洗浄して下さい。汚染がひどい製品は5~20%の洗剤溶液に4時間以上浸してから洗い落として下さい。水道水で洗い流した後、蒸留水ですすいで下さい。
注 意:研磨剤やたわしなどをご使用しないで下さい。
活栓やフタのねじ部分は定期的に洗浄し、漏れの原因となる塩類の付着を防いで下さい。

自動洗浄器
耐熱性の特性により、直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)、アクリル、ポリスチレン(PS)以外の製品は、実験器具用洗浄器に使用できます。自動洗浄器ではプラスチック用のサイクルを最短時間にセットし、水温を57℃以下にして冷却が終わったら、すばやく製品を取り出して下さい。製品を傷つけないように、洗浄器内の金属製の軸にはプラスチックチュ-ブなど柔らかいものをかぶせて下さい。
注 意:ポリカ-ボネ-ト製品を繰り返し自動洗浄器にかけると強度が弱まる可能性があります。高い圧力下で使用されたポリカ-ボネ-ト製品(遠心や吸引用)はNALGENE®プラスチック用液体剤L900など、中性で研磨剤を含まない洗剤を用いて、手で洗浄して下さい。

超音波洗浄器
プラスチック製品の洗浄に使用できますが、変換器の振動板の上には直接置かないで下さい。

■特殊な洗浄方法
グリ-ス/油類/有機物
グリ-スや油類を落とす際は、中性洗剤を使用して下さい。より厳密に洗浄する場合は、有機溶剤が使用できますが、以下の注意が必要です。ポリオレフィン(低密度ポリエチレン、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリメチルペンテン、プロピレン共重合体)を長期間、有機溶媒に浸すと膨潤するおそれがあります。洗浄後は有機溶媒を完全に取り除いて下さい。ポリカ-ボネ-ト、ポリサルフォン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニルの洗浄にはアルコ-ル類をご使用下さい。これらの樹脂は他の有機溶剤に耐性がありません。アクリルには有機溶媒を使用しないで下さい。

遠心容器
遠心操作後は遠心容器を中性洗剤(NALGENE®プラスチック用液体洗剤L900をお薦めします)に浸し、沈殿物を取り除いて下さい。
ポリカ-ボネ-ト製品にはアルカリ洗剤を使用しないで下さい。沈殿物中に微生物、あるいは汚染源となる物質が含まれている場合は事前に必ず適切な方法で滅菌を行って下さい。オートクレーブが多く用いられる滅菌方法ですが、特定のプラスチックには化学的な殺菌剤または乾熱による滅菌が適しています。洗剤に浸した後はプラスチックを傷つけないようにピペットやゴム製のヘラなどで沈殿物をていねいに取り除いて下さい。

微量物質の洗浄
プラスチックはガラスや他の材質に比べ、不純金属元素が少ない材質です。しかし、厳密にはごく微量ながらある種の金属を含んでいます。微量金属元素が影響を与える用途には、あらかじめ試用されることを推奨致します。

NALGENE®遠心容器やリユ-ザブルフィルタ-ウエアなどに用いているポリサルフォン(PSF)は厳密に洗浄できる材質です。URI-GSOでは大気や海水中に含まれる微量金属濃度を調査しています。特に大西洋に流れ出る廃水中の重金属や微量元素、例えば殺虫剤、石油、プラスチック廃棄物等に含まれるもの、天然または人工の有機物、酸性雨の原因となる成分、などを測定しています。サンプル中の測定金属量は非常に微量であるため、容器やろ過用品などの実験室で測定に使用される器具は、サンプルへの溶出物がなく、逆にサンプル中の金属を吸着しないものが求められます。
下記はロードアイランド大学海洋学部(URI-GSO)で使用されている方法を示します。

【USI-GSOで使用されている方法】
洗浄方法
1.分析用HClと脱イオン水を1:1で混合した溶液に浸す(1週間)
2.脱イオン水ですすぐ
3.分析用のHNO3と脱イオン水を1:1で混合した溶液に浸す(1週間)
4.脱イオン水ですすぐ
5.石英再結晶化HNO3と脱イオン水を1:1000で混合した溶液に浸す(1週間)
6.脱イオン水ですすぐ
7.石英再結晶化HNO3と脱イオン水を1:1000で混合した溶液に浸す(1週間)
8.脱イオン水ですすぐ

検査方法
1. 洗浄した5本の遠沈管にそれぞれ約25mLの1N石英再結晶化HNO3を分注。
2.洗浄した別の5本の遠沈管にそれぞれ約25mLの1N石英再結晶化HNO3に10億分の1量のアルミニウム、銅、鉛、亜鉛を溶解した溶液を分注。
3.すべての遠沈管を立てた状態で1 ヶ月放置し、溶液の成分を分析。
Perkin Elmer 500(HGA5000)での原子吸収分光測光によって行った分析結果です。測定方法はNBS(National Bureau of Standards)にのっとっています。


1
2
次へ>
全て表示