カタログトップ > 技術資料 > プラスチック製品の滅菌方法/リサイクル


 

1
2
次へ>
全て表示


プラスチック製品の滅菌方法/リサイクル

プラスチック製品の滅菌方法

■オ-トクレ-ブ
オ-トクレ-ブは121℃、20分間、103.4kPa(15psig)をお薦めします。
オ-トクレ-ブによる残存汚染物質の焼き付けを防ぐため、製品はオ-トクレ-ブにかける前にしっかりと洗浄し、かつ蒸留水で完全にすすいで下さい。室温では影響のない化学物質もオ-トクレ-ブの温度では劣化の原因となる場合があります。フッ化炭素樹脂製以外の容器は洗剤や湿潤剤を入れたままオ-トクレ-ブにかけないで下さい。
プラスチックはガラスや金属に比べゆっくりと熱を伝導するため、オートクレーブの目的温度に達する時間が長くかかります。目的温度に達する時間は、内溶液と容器によって異なります。

注 意:
・容器をオ-トクレ-ブにかける際はキャップやフタを完全に取り外して行って下さい。容器内に空気の出入口がない場合、圧力差が生じて容器がつぶれてしまうおそれがあります。
・活栓付の容器をオートクレーブにかける際は、必ず中身を空にして活栓を取り外してから行って下さい。培地や他の液体はフィルターで滅菌してから容器に直接移して下さい。
・オ-トクレ-ブ後はゆっくりと気圧がもどるサイクルをお薦めします。
・洗浄には、中性の洗剤を使用し、水でよくすすいで下さい。
・オ-トクレ-ブ中に微量の水蒸気を吸着させ、曇ったように見える場合もありますが、110℃で乾燥させると曇りはとれやすくなります。
・界面活性剤(Tweenなど)を容器に入れ、オ-トクレ-ブにかける際はポリサルフォン(PSF)でなくプロピレン共重合体(PPCO)製の容器を使用して下さい。
・試験管やチュ-ブの入ったチュ-ブラックは平らな部分においてオ-トクレ-ブをかけて下さい。
・物を上に載せたり、積み重ねた状態でオートクレーブをかけると、負担がかかり変形や割れの原因になる場合があります。

■材質ごとの特長
ポリプロピレン(PP)、ポリメチルペンテン(PMPあるいはTPX®)、プロピレン共重合体(PPCO)、Tefzel® ETFE、Teflon® FEP、Teflon® PFAは121℃、103.4kPa(15psig)で繰り返しオ-トクレ-ブにかけることができます。
滅菌を確実にするためには最低15分間のオ-トクレ-ブが必要です。

●ポリカ-ボネ-ト(PC)
ポリカーボネートは他の材質と比べ、オートクレーブに弱く早い段階で強度などが低下します。繰り返しご使用される際はご注意の上ご使用下さい。
品質維持のため短いサイクルでの新品への切替をお薦めいたします。洗剤が残っていると白濁の原因となりますので、オートクレーブの前に蒸留水で充分にすすいで下さい。圧力のかかる真空容器はオートクレーブにかけられません。アルカリ性洗剤での洗浄やアルカリ溶液の保存には使用しないで下さい。

●ポリサルフォン(PSF)
オ-トクレ-ブ可能です。オ-トクレ-ブを繰り返し行うとポリカーボネートより強度が低下し、遠心などの高圧力下で破損するおそれがあります。

●ポリ塩化ビニル(PVC)製チュ-ブ
オ-トクレ-ブにもかけられますが、エチレンオキサイドや化学的な殺菌剤がより適しています。
オ-トクレ-ブにかける際は以下のガイドラインを参照して下さい。
(1)チュ-ブを洗浄し、蒸留水または脱イオン水ですすぐ。
(2)チュ-ブを軽く束ね、末端は開放しておく。モスリンあるいはリンネル布で巻き、テ-プ、ひもなどでゆるく固定する。
(3)オ-トクレ-ブ機器内で非金属性のトレイ上に置き、上に何も重ねず、直接壁やラックに触れないようにする。
(4)121℃、15分間、103.4kPa(15psig)で滅菌する。
(5)75℃以下で約2時間、乾熱機に入れ、チュ-ブを乾燥させる。

●シリコン製チュ-ブ
モスリン布または滅菌用ペ-パ-で包み、121℃、30分間、103.4kPa(15psig)でオ-トクレ-ブ可能です。

注 意:以下のプラスチック材質による製品はオ-トクレ-ブにかけることはできません。
PS(ポリスチレン)
PVC(ポリ塩化ビニル)〔ただし、チュ-ブを除く〕
SAN(スチレン-アクリロニトリル)
PUR(ポリウレタン)
PMMA(アクリル)
PETG(ポリエチレンテレフタレート共重合体)
LDPE(低密度ポリエチレン)
HDPE(高密度ポリエチレン)

NALGENE®の滅菌済製品について
一部のNALGENE®製品はあらかじめ滅菌・検査されており、その滅菌性は包装を開けない限り、保証期間内は保証しています。滅菌にはエチレンオキサイドガスと放射線(γ線)による2種類の方法を用いています。ディスポーザブルのフィルターウエア、培地ボトルおよびクライオウエアは、Association for Advancement of Medical Instrumentation(AAMI)の推奨する方法で滅菌のガイドラインに準拠しています。滅菌の確認にはそれぞれの滅菌を受けることにより色が変化する指示薬を使用しています。エチレンオキサイドガス用指示薬は、適切に滅菌されると紫色から緑色に変わり、γ線は黄色から赤色に変わることによって、滅菌性を確認できます。

■エチレンオキサイド(EOG)
エチレンオキサイドガスはオートクレーブにかけられない製品を低温かつ低圧で滅菌できます。滅菌する製品は温度、湿度、圧力が調整された環境下でエチレンオキサイド処理されます。
製品の滅菌性を確かめるために3種類の方法を用いています。包装の外側に指示薬を取りつけていますが、これはガスに触れたことを示します。生物学的な指標としてBacillus subtillis var.nigerを使用しており、この微生物が成育しないことが滅菌の証明になります。フィルターウエアでは同様に、生物学的な指標を用いて滅菌検査が行われており、微生物の不成育が滅菌確認の判定となります。
ガス滅菌後、製品は滅菌性が確認されるまで一時保管されます。この保管期間は7~14日で、その間はエチレンオキサイドのガス抜きに十分な期間となります。
分析フィルターユニット/ロートおよびシリンジをEOGで滅菌しています。

■放射線滅菌(γ線)
放射線滅菌は、コバルト60を線源とした高エネルギーイオン化γ線によって室温で行っています。製品の滅菌性はkilogray(kGy)で測定された放射線量を集めて評価しています。線量レベルはあらかじめ線量実験を行い、滅菌性で調べて決定しています。滅菌性は製品に放射された最小線量によって確認します。
γ線によって滅菌している製品は、フィルターユニット(分析フィルターユニットを除く)、フィルターユニット受器、クライオウエア、ポリエチレンテレフタレート共重合体(PETG)製の小型・大型瓶です。

■その他の検査
滅菌済のすべての製品は以下の項目についても検査しています。
・パイロジェン
・細胞毒性


*フィルターユニットに使用されているすべての材質(プラスチック製の本体、キャップを含む)はマウス繊維芽細胞L929とさらに感受性の高いヒト2倍体肺細胞のセルラインWI-38を用いて、細胞毒性がないことを確認しています。
(Guess,W.L.Rosenbluth,S.A.,Schmidt,B.,and Autian,J.,Agar diffusion method for toxicity screening of plastics on cultured cell monolayers.J.Pharm. Sci.54:1,p1545-7,1965)


プラスチック製品のリサイクル
NALGENE®は、環境に優しい製品を提供しています。
・すべての新製品は、環境に対する影響、リサイクル性および再利用性について常に検討しています。
・すべての製品の包装は、必要最小限にし、リサイクル性を高めています。
・包装はクロロフルオロカ-ボン(CFC)が含まれていない緩衝材を使用し、外部から送られてきた荷物に使用された包装材も再利用しています。
・重金属ベ-スの着色料の使用を中止しました。
・廃棄物の量を削減するためにデザインされた製品を取りそろえています。ほとんどすべてのディスポ-ザブル製品には同様のリユ-ザブル製品をご用意しています。

■NALGENE®製品の材質コード
米国プラスチック(Society of the Plastics Industry;SPI)のコードで、プラスチックの材質を示します。ただし、下記の7のotherのところにはそれぞれの材質が入っています。これらのコードにより材質を見極め、米国ではこのコードにより分別を行い、リサイクル(州によって異なる)を行っています。
これらのコードは500mL以上の容器やフィルターウェアの底部に刻印されています。


■NALGENE®(Rochester, NY, USA)リサイクルプログラム
ロチェスターの工場では独自のリサイクルプログラムを実施しています。工場内で使用している紙とプラスチック製品はリサイクル製品です。それにより、工場内の廃棄量を36%カットし、廃棄コストを40%削減しました。その結果、1991年に郡議会による“環境保護に貢献した企業”に選ばれ、1992年には国際プラスチック製造者協会(International Association of Plastics Distributors;IAPD)の“Innovative Environmental 賞”を受賞しました。



1
2
次へ>
全て表示