カタログトップ > 技術資料 > ガラス管の内圧強度


 

1
次へ>
全て表示


ガラス管の内圧強度

ガラス管の内圧強度
この内圧強度グラフはIWAKITE-32ガラス管の外径と肉厚に対する25℃における内圧強度(許容内圧力)を右の式から求めたものです。

注1.このグラフから求められる内圧強度は、参考値として利用して頂くためのもので、ガラス管の保証内圧強度ではありません。この内圧強度グラフは、底のない筒型ガラス管の内面に純枠に加わる圧力のみを対象にしておりますので、次のような他の要因が加わる場合は、このグラフを適用できません。
(1)取り付けや締め付けによる曲げなどの応力が加わる場合。
(2)温度差のため熱応力が生じたり、使用温度が25℃より大きく異なる場合。
(3)端部などにガス加工による残留歪がある場合。
(4)端部、内外表面にキズなど欠点がある場合。
(5)圧力変化速度が速い場合。
(6)その他。

●[第12図] ガラス管の内圧強度



1
次へ>
全て表示